• ジェミー化粧品

細川しのぶのプロフィール

フェイシャルエステティックサロン「アンジェリカ多摩」のオーナー兼エステティシャン

お肌はいくつになってもお手入れ次第で変わっていく事を、エステサロンにお越しいただけない方にも知っていただきたいと思い、お肌の相談サイト「肌can」を開く。

詳しくはこちら

HOME > 正しいスキンケアの方法 > 化粧水

正しいスキンケアの方法

化粧水

化粧水の場合

内容成分とつけ方が大切です
①化粧水の役割は主に保水ですが、製品によって保湿に大きな差があります。
どのような保湿基材を使用しているかどのぐらい割合で入っているか等でお肌に与える影響が違います。

②化粧水の付け方も様々な説があって何がいいわからなくなっている方も多いですね。
コットンだと肌を傷めるとおっしゃる方もいますが、実際手で付けている方よりコットンを使用している方のほうが乾燥が少ないのです。
目のまわりや口のまわり等小ジワが気になる所は、コットンで化粧水を十分しみこませてあげましょう。
コットンの使い方にポイントがあります!
コットンの使い方のポイント
①コットンは表面がやわらかくて、ある程度厚みのあるものを選び、右手と左手に1枚ずつ持つ為に2枚用意します(厚手のものは2つに裂いて2枚にするのも可)。

②出来れば精製水(なければ水道水か浄水器の水)でコットンを濡らした後しっかり絞る。

③2枚を重ねて大1杯の化粧水を含ませて1枚ずつ両手に持ち、乾燥や小ジワの気になる目元やはえぎわから5秒ずつ丁寧にあてて水分を肌に移動させる。
この時に肌をこすらない
コットンが乾いたら必ず化粧水を足して顔全体になじませていく。

乾燥が気になる時はもう1度化粧水を含ませて軽くパッティングする(力を入れすぎないよう気をつけてやさしくパッティングすること)。

⑤ローションマスクをする時はマスクがまだ湿っているうちに顔から取るのがポイントです。
マスクが乾きだしたら肌の水分がマスクに移り始めるので、マスクのはじが乾き始めたのを感じたら、すぐ取って残りは首や体につけましょう。
オススメ化粧品
MRLIPOシリーズ
「リポローション」
MRLIPOシリーズ
「スキンローション」
ネフェルタリシリーズ
「ネフェルタリローション」

このページのトップへ