• ジェミー化粧品

細川しのぶのプロフィール

フェイシャルエステティックサロン「アンジェリカ多摩」のオーナー兼エステティシャン

お肌はいくつになってもお手入れ次第で変わっていく事を、エステサロンにお越しいただけない方にも知っていただきたいと思い、お肌の相談サイト「肌can」を開く。

詳しくはこちら

HOME > お悩みから探す > 日焼け後

お悩みから探す

日焼け後

日焼け後の悩み

気を付けていてもうっかり日焼けしてしまった。
お顔の高い部分が赤みをもってしまう。
お顔全体が火照ってしまうっていう事がありますね。
野外に出ていると時間が長ければ長いほど(窓辺に長時間いるもの同じですが)気がつかないうちに紫外線のダメージをお肌に蓄積しています。
それが数年後にシミ、シワ、たるみになって表れてきます。
正しい対処方法は?
①日焼けしてしまった!と思った時は、早めのケアが大切です。赤みや熱を持っている時は軽い火傷を負った状態と自覚しましょう。ヒリヒリするから何もしないというのはよくありません。

②まずは鎮静が大切です。冷えたお絞り等でお肌をよく冷やしましょう。濡れたガーゼに氷を包んでお肌の上をコロコロ転がす方法もあります。精製水で濡らして絞ったコットンに冷蔵庫で冷やした化粧水をたっぷりつけてお顔にはりつけていくローションパックも効果的です。
この時に使用するローションが鎮静効果のあるものだとなお良いです。
ヒリヒリが治ったら、お肌をこすらずに保湿力のあるローションを丁寧にコットンで押さえながら(お肌に吸わせていくイメージで)つけていき、 最後にクリームで水分が逃げないようにしてあげます。

ビタミンC誘導体の入った美容液も使用するのも回復を助けます。 日焼け後のケアは1日では回復しませんのでヒリヒリがなくなっても、しばらくの間はローションマスクはこまめに行いましょう。
ワンポイントアドバイス
時に海や山等のレジャーで皮が剥けるほど日焼けしてしまった時は冬までよくお肌を観察してあげましょう。
お肌に合ったいつもよりスペシャルなケア(水分や栄養をたっぷり与えるケア)を頻繁にすることで回復を助け、
ダメージを蓄積しないようにしましょう。

傷んだお肌の回復には時間がかかることを心得て、くれぐれも日焼けにはご用心してくださいね。
日焼け後に使用する化粧品の品質は特に大切です。
それによって回復の早さが違います。

回復しないで悪くなっていると思った時は使用をすぐに中止しましょう。
オススメ化粧品
MRLIPOシリーズ「ホワイトニングエッセンス」 MRLIPOシリーズ 「スキンローション」 クリスタルジェミー「クレイパック」

このページのトップへ