• ジェミー化粧品

細川しのぶのプロフィール

フェイシャルエステティックサロン「アンジェリカ多摩」のオーナー兼エステティシャン

お肌はいくつになってもお手入れ次第で変わっていく事を、エステサロンにお越しいただけない方にも知っていただきたいと思い、お肌の相談サイト「肌can」を開く。

詳しくはこちら

HOME > お悩みから探す > たるみ

お悩みから探す

たるみ

たるみの悩み

たるみの原因は?
加齢と共に新陳代謝が悪くなって真皮を支えるコラーゲンやエラスチンの生成が悪くなってハリがなくなってきます。また、表情筋の衰えもたるみに繋がります。
正しい対処方法は?
①予防が大切です。紫外線の影響が大きいので1年中日焼け止めをきちんとした量使用することがポイントです。
特に3月~9月は塗り直しをきちんとすることがポイントです。

保湿も重要です。乾燥しているお肌はそれだけ紫外線もお肌の奥までまで入りやすくなります。どんな悩みにもあてはまりますが、保湿が行き届いたお肌は様々なトラブルからも守られやすくなります。
ただ、保湿のしすぎはかえってお肌を弱くしますからローションパック等のやりすぎはよくありません。

表情筋を鍛えることもいい方法です。
あ・い・う・え・おをしっかり発音するのを1日に何回か繰り返すのもエクササイズになります。

頭皮マッサージもオススメです。お顔と頭皮は繋がっています。頭皮が凝るとフェイスラインは下がりやすくなってしまいます。 クレンジングや洗顔、化粧品を真ん中から外側へ手の動きを意識しましょう。

⑤頬づえをつく癖や口角をいつも下げるような表情の癖等も気がついたら直しましょう。 お風呂でシャワーを上からお肌にかけるのもよくないので手ですくったぬるま湯で流しましょう。
ワンポイントアドバイス
化粧品にはお肌の表面しか働きかけないものが多くありますが、リポソーム化粧品のように細胞に働きかけるものがおすすめです。またビタミンCはコラーゲンの生成に必要なので化粧品でも食事でも取り入れることが大切です。
家庭用美顔器でリンパを流すことや頬の凝りをなくすこともたるみの解消に役立ちます。
オススメ化粧品
MRLIPOシリーズ「リポクリーム」 MRLIPOシリーズ「リポローション」 MRLIPOシリーズ「ホワイトニングエッセンス」
カオリホワイトシリーズ「リフトマスクエッセンス」 カオリホワイトシリーズ「スーパーBBファンデーション」

ほうれい線のたるみ

ほうれい線ができる原因は?
1. 老けて見えるので特に気になるほうれい線。紫外線や加齢により肌の弾力、ハリがなくなって頬がたるんで口の両サイドに出てくる線がほうれい線です。
2. 顔の表情筋の衰えや皮下脂肪が増えたり、ダイエットをしてリバウンドを繰り返して頬がタレて目立つこともあります。
3. お肌の乾燥が、弾力に関係する真皮層に悪影響をしてたるみが目立つこともあります。
4. 携帯やタブレット等による長時間の姿勢の悪さ(猫背)が、若い人のたるみやほうれい線を深くしているとも考えられています
正しい対処方法は?
1. 保湿と日焼け止め 乾燥と紫外線はお肌の老化を早めますので、十分な保湿を心がけ一年中日焼け止めは朝のお手入れの時につけましょう。汗をかく時期は2〜3時間おきに塗り直しが大切です。

2. 化粧品の選び方 年齢と共に、弾力やハリに大切なコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン等の生成が衰えてたるむようになりますので、化粧品は保湿成分がたっぷり入っていて、お肌の保湿力(乾きにくいお肌になること)が上がるものを選びましょう。コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせませんので、ビタミンC誘導体の化粧品も取り入れましょう。

3. 内面美容 コラーゲン、ビタミンC等をドリンクやサプリメントで身体に取り入れるのも効果的です。

4. リンパの流れを意識する リンパの流れが滞るとたるみます。耳たぶ後ろの凹みやこめかみなどのつぼを5秒で押して5秒でゆるめるを1日に数回行いましょう。お風呂や化粧品をつける時などの手の滑りが良い時に、耳の後ろから肩のラインに向けて手を滑らせて滞ったリンパの流れを良くしてあげるのも大切です。

5. 表情筋を鍛える 日常生活の中で良く笑っていますか。悲しい時や怒った時、悩んでる時は自然と口角が下がりますよね。意識して笑顔を作って口角を上げましょう。フェイスエクササイズやガムを噛むのもいいです。

6. 美顔器の使用 超音波美顔器やリファ(MTG)を使用してリフトアップするのも一つの方法です。注意事項として、使い方を間違ってかえってたるみをひどくしてしまう方がいらっしゃいます。使用説明書を良く読んで使い方を守りましょう。 美顔器は信頼できるメーカーを選ぶことも大切です。

ワンポイントアドバイス
1. 生活習慣のチェック たるみを悪化させている原因として、頬杖など姿勢が悪い、偏食、食事の時にどちらか一方だけで噛む癖、頭皮が固いなど普段の生活習慣の中で意識して改善出来るものがないかチェックしてみましょう。

2. 間違ったお手入れをしていませんか? たるみを早く改善したいと思うあまり、美顔器のかけ過ぎや自己流マッサージのやり過ぎで、肌を強く触りすぎている。リフトアップさせたいと思ってこめかみの辺りを引っ張り上げている。これらは肌荒れや乾燥、コラーゲンを断絶する原因になります。急にたるみが改善される事はないことを心得て、毎日地道に正しいケアしていきましょう。アンチエイジングは正しいケアの積み重ねです。

オススメ化粧品
MRLIPOシリーズ「リポクリーム」 MRLIPOシリーズ「ホワイトニングエッセンス」 カオリホワイトシリーズ「リフトマスクエッセンス」 チェンジシリーズ「アルジェリンクル」 健康補助食品「プラセンタドリンク」 健康補助食品「プラセンタカプセル220」

このページのトップへ